未分類

レーザーでシミが劇変!写真で見る経過と検証

トリアスキンエイジングケアレーザー シミ

顔はソバカスが多くて正直、シミの変化が分かりにくいですが、はっきり変化が分かったの

がこのシミ。場所も分かりにくい脚の関節の裏にありました。1ヵ月間、ケア(照射)した

状態のシミです。

トリアスキンエイジングケアレーザー シミ

(マクロレンズで撮影)もとは、薄茶色の楕円形で大きさで、縦約9mm、幅が7mmの薄茶

色のシミで、その上、少しもり上がっていました。触るとブョブョしています。脂漏性角化

(しろうせいかくかしょう)というシミだそうです。


自分のシミでも気持ちが悪く、早く無くしたい一心でケアを始めました。

このシミは脚の関節に近い裏側なので、いつ頃からあるのか、気がつきませんでした。特

に、ケア後の1ヵ月間が変化がありました。ブョブョしたものがどんどん減り、同時に色も真

ん中から2つに分かれて、中心が肌色になりました。レベル中でレーザーをあてています。

ケア後の赤みはでません。

なお、トリアスキンエイジングケアレーザーは、
顔のみの使用が原則(自己責任でしました。)

3ヵ月後のシミの状態です。

トリアスキンエイジングケアレーザー シミ

左の分離した部分の輪郭がぼやけてきました。シミの色も少しピンク色です。

ブヨっとしたものは無くなりました。どんどん変化すると思ったのですが…。

2クールめ、4ヶ月になります。

トリアスキンエイジングケアレーザー シミ

5ヶ月後、見えにくいので指で引いて撮影、シミ全体が薄くなっています。

トリアスキンエイジングケアレーザー シミ

膝の裏側なのでケア(照射)や保湿を忘れることも度々ありました。

シミは2つに分かれたままの状態が続きました。特に上(写真の左)側のシミの色が濃くなっ

たり、薄くなったりを繰り返します。ですが、シミが大きくなることはありませんでした。

ケア(照射)後に出る肌の赤みはありません。

トリアスキンエイジングケアレーザーでシミがほとんど分からない

トリアスキンエイジングケアレーザー  効果

1年2ヵ月後(2022年9月)です。ほとんど気にならない状態になりました。ストッキングを

はくと分から無くなりました。まだ、ケア(照射)は続けています。肌のトーンも上りまし

た。


外出するときは、パンツスタイルで日光にあたらないようにしました。顔は、日焼け防止剤

は必ずつけています。日傘やサングラスもかけています。

「色白ですね。」と褒められることも多いです。このケア中は、ウィルスの影響もあり外出

も控えたものあります。自分のペースでケアできるのも良かったです。

トリアスキンエイジングケアレーザーのシミケアまとめ

  • ソバカス肌質でもソバカス全体が薄くなる
  • 自宅で自分のペースでケア(照射)できる
  • 夜、ケアをする(肌を休める時間)と肌の赤みの不安がない
  • 保護(日焼け防止剤)と保湿はをセットでする

ケア中の痛みは、個人差はありますが、今は、全く痛くはありません。慣れてきます。

ケアの当初や休み期間開け、レベルをアップしたときは痛く感じます。直ぐに痛さの耐久性

ができます。ケア後の肌の赤みの引き方も加速します。

販売元の方のお話しだと「痛み」は、肌に効いている証だとはっきりお話ししていました。